たまソーヤー

 

中山珠代  NPO法人歌友クラブ副理事長 ディレクター 歌声福祉士

 

東京都出身。小学4年より中学3年までNHK東京放送児童合唱団に所属し、テレビ、ラジオに出演。

島倉千代子も学んだ日本音楽高等学校を首席卒業して同短期大学(現・有明教育芸術短期大学)へ進む。卒業後、同大学付属幼稚園教諭になり、評議員、同窓会長を担う。

千葉県山武市へ移住後、音楽教室を開き、合唱団団長を務める。さらに千葉市へ移住して、うたともクラブに参画し、2009年、NPO法人うたともクラブ副理事長ディレクターに就任。「歌の力クラブ」を指導、歌声福祉士を養成、高齢者応援歌の「エンジェルソング」をソーヤーと共同創作し、歌唱指導。

 

徳丸壮也  とくまる ソーヤー   NPO法人歌友クラブ 理事長 プロデューサー

 

マスコミで活躍著書30冊

 

1947年、大分市生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。故・手塚治虫の虫プロダクションで演出助手を務めたことからテレビ番組の構成・台本を手がけたのち、マスコミの文筆活動に入る。総合月刊誌、ビジネス誌などで執筆し、スポーツ誌「ナンバー」(文芸春秋)、トレンド誌「DIME」(小学館)の創刊に参画。

早大ラグビー部の日比野弘監督に協力してラグビーをメジャースポーツへ発展させるマスコミ戦略に尽力。同大キャプテンで英国のリッチモンド・ラグビークラブに所属した石塚武生氏の招きでロンドンへ渡り、スポーツ文化共同体のコミュニティを知る。

佐渡の太鼓集団「鬼太鼓座」指導者の田耕氏に文化サークル活動を学ぶ。山口百恵や郷ひろみを育てた音楽

プロデューサーの酒井政利氏に時代感覚を学ぶ。

ヒット商品、トレンドなど世の中の変化の現場を取材して論評し、講演活動を展開。女性社長やクリエーターを取材し、女性の社会進出を支援。美容研究家の小林照子さんに協力して、美・ファイン研究所を設立。性格が明るくなり、人生がハッピーに開けるメイク技法の「ハッピーメイク」を広める。

故郷の大分県で推進された一村一品運動をノンフィクションに著し、平松守彦大分県知事の薫陶を受け、地域社会を活性化する方法を学ぶ。「梅栗植えてハワイへ行こう」のムラ起こしで知られる大分県大山村の矢幡治美村長

に「幸福とは何か」を教えられ、「ハッピー」をキーワードに社会を考えるようになる。

 週刊ダイヤモンド誌で「日本的経営の興亡」を連載し、大企業の全社運動の誤りに警鐘を鳴らして日本型組織風土

の改革を啓蒙する。 小説、ノンフィクションの著書30冊を発表。

 

ハッピーちば新聞を発刊して「楽年」を提唱NPO法人市民活動を展開

 

ミッションパッション」を信条に、21世紀の日本を考えて、高齢社会への問題意識を強くし、2001年、居住す

る千葉市で、「高齢社会のまちづくり市民新聞」のハッピーちば新聞を創刊。地場企業の支援で月刊12万部を千葉

市全域に配布。千葉介護福祉ビジネス交流会の結成で講師を務め、「介護をハッピーなビジネスにする発想」を

指導。高齢者のハッピーな生き方として「楽年」という言葉を創り、カルチャー活動の「楽年クラブ」を展開。

 

「歌の力」で高齢社会の福祉文化をプロデュース

 

高齢社会を活性化する方法として「歌の力」に気づき、「歌えばハッピー!歌っていい友!」を合言葉に歌声活動

を展開するNPO法人歌友クラブを設立。千葉一活発なNPO法人を目指し、参加会員数3000人を組織。

みんなで楽しく歌う「楽唱」を手法に、高齢者が活性化を図る「歌の力クラブを千葉市で展開。うたともパートナー

の中山珠代とデュオ「たま☆ソーヤーを結成するとともに、介護予防のエンジェルソングを創作して、歌唱指導。

歌の力」で認知症予防の「ナツメロ回想法」を考案し、独立行政法人福祉医療機構の支援で開発。その実践・普及

に努める歌声福祉士を創始し、千葉県の支援で養成に取り組む。

 「歌の力で脱介護!健康長寿!百歳挑戦!」を掲げて、  健康長寿ちば!歌声大会をプロデュース

 

千葉市の歴史文化を基軸にするまちづくりを推進

 

千葉市の歴史文化を基軸にするまちづくりを提唱し、「千葉千年伝説」構想を立案。千葉氏一族をイメージする

「蒼い昴」、千葉市応援歌千葉千年伝説」「千葉いちばん音頭」を創り、「千葉市応援歌踊祭」(千葉市芸術文化

振興事業)を開催し、発表。千葉開府890年を記念する市民芸能祭「千葉千年伝説(千葉市民会館)を開催。

千葉市の歴史ファンタジー「ミョーケン 3.11大津波『魔法少年』伝説」をWEB小説で発表

 

たま☆ソーヤー  創作の歌

  

クラブテーマ曲  「うたとも」「歌の力」「ゆうあい」「愛しあえば」「母に愛を」「うたともブギウギ」?

エンジェルソング 「大笑いのお笑いばやし」「百歳万歳」「人生完走」「歩け!一万歩」「ドーパミン節」

「うたとも天国」「ゴロゴロ元気」「寿坂行進曲」「人生百年」「百歳挑戦」 

千葉市応援歌  「蒼い昴」「千葉千年伝説」「千葉いちばん音頭」「アイ・ラブ・チバ・ブラ」